病気

赤ちゃんの頭にかさぶた・・・ケアの仕方と絶対にやってはいけないこと。

投稿日:2017年3月12日 更新日:

このかさぶたは多くの場合「乳児脂漏性湿疹」というものです。

湿疹とついているけど、特にブツブツもしてなければ痒みもないそうです。

ただ、たくさんできていると心配になるし、ちょっとだとつい剥がしてあげたくなってしまうんですよね。

スポンサーリンク

 

「乳児乳児脂漏性湿疹」ってどんなもの?

生後1か月~2才までの生まれたての赤ちゃんは、ママの体内のホルモンに影響で皮脂が分泌しやすく、吹き出ものや湿疹が起こりやすい状態だそうです。

簡単に言うと皮脂と汚れの塊です・・・うわ~ですね。

耳の周辺や頭皮、眉毛の中、おでこ、頬など、首から上にできるようです。

フケのようなかさかさしたものができたり、黄色のかさぶたができたりします。

痒みはないようです。

 

調べると「軽度の場合には自然治癒を待つのが最も良い方法」というのも見かけたけど、息子は放置してると分厚くなりました(笑)

しかも、1歳近くまで時々できていました。

プールにも行ってるし、ちゃんと洗ってあげてるのに不思議です。

 

やってはいけないこと

絶対に爪とかでちょいっと剥がしたりしてはダメです。

かさぶたの部分の毛が丸ごと抜けます。

産毛もきれいに抜けます。

かさぶただけ剥がれて、毛を残してす~っと取れそうな感じがしますけど、毛ごと全部取れます

軽い気持ちでやって、きれいに剥がれた毛を見て一瞬血の気が引きました。

 

それと、健康な頭皮を傷つけてしまい、細菌感染を起こすリスクもあります。

 

ケアの仕方

私はバーユを使っています。(人間の皮脂と一番近い成分、口に入ってしまっても安全)

ベビーオイルやオリーブオイル、ワセリンなど、赤ちゃんの肌に合う物で代用してください。

1、バーユをたっぷりかさぶたになっているところに塗る。

バーユを塗った写真

たっぷりです、ほんとたっぷり。

ツヤツヤ、テカテカするくらいたっぷり塗ります。

 

2、1時間くらいふやかす。

ふやけやすいように、10分おきくらいにバーユを少し足しながら指の腹を使って優しくマッサージする。

力を入れないで優しくです。

 

3、ふやけて浮いてきたように見えたら、赤ちゃん用のくしで軽くなでるようにすく。

軽くです、力を入れてはダメ!

かさぶたがふやけて皮膚から剥がれていれば写真みたいに取れてきます。

 

4、取れないときは無理して取らない。

また明日同じようにケアしてあげてください。

毎日のケアが大事です、息子は1回で取れたことないです。

 

5、石鹸で優しく洗う。

もちろん大人用ではなく、赤ちゃん用を使いましょう。

しっかり泡立てて優しく洗ってあげてください。

 

6、しっかりすすいで、乾燥させる。

石鹸が残っていたりすると悪化するので、きれいにすすいであげてください。

タオルで拭いた後、自然乾燥でいいのでしっかり乾かしてあげてください。

塗れたまま、湿ったままにしておくと臭くなったりしますから。

 

私はお風呂の1時間前とかによくやってました。

1時間経てばそのまま赤ちゃん用の石鹸でお風呂で洗えば良いので楽です。

 

強くこすったり、無理に剥がすことはできないので、一回できれいに取れることはありませんでした。

何日か続けていると、少しずつ取れていく感じです。

 

おわりに

これかなり気になるんですよね、少し浮いてるように見えるとつい剥がれてるんじゃないかなと思って取りたくなってしまう・・・。

ごっそり髪の毛ごと(産毛も全部)抜けて、ちゃんと新しい毛は生えてくるのか?と心配しなくていいように、絶対に無理に剥がさないでください。

このままここだけ毛が生えてこなかったら、将来息子に嫌われるだろうなとか余計な心配することになりますので優しくケアしてあげてくださいね。

 

-病気

Copyright© 元保育士ののんびり子育てブログ , 2018 All Rights Reserved.