ママ向け

子供が不登校で辛い思いをされているママへ、支援をしていた私が伝えたいこと。

投稿日:

私は二年ほど、小学校と中学校で不登校の生徒をサポートする仕事をしていました。

本人とご家族の同意をもとに家庭訪門を行うアウトリーチという活動です。

子どもが何に悩み、苦しんでいるのかということを、本人の周辺環境まで含めて分析し、園子に必要な場所(人だったり学校だったり関係機関)へと繋いでいくという仕事です。

訪問に行っていないときには学校の相談室で教室にいけない生徒と一た緒に勉強したり話をしたりしていました。

 

先日たまたま私が新任の頃の生徒のママに会い、少しだけ話をしたのですが不登校になって中学校は行けなかったんだとか・・・。

当時3歳だったあの子がもう高校生なんですよ、1年しか担任はしていなくてもしっかりとママのことも子供のことも覚えているものなんです。

何ともいえない複雑な気持ちになりました・・・。

 

今回はお子さんが不登校で辛い思いをされているママへ、私の体験談を元に少しでもいい方向へ進めるように何か伝えられることは無いか?と思いながら書くことにします。

スポンサーリンク

 

子供の不登校の原因は重要なのか?

不登校の子供の現状

私が行っていた中学校は大きかったこともあり、クラスに2人は不登校の生徒がいました。

全く学校に来れない生徒や教室には行けないけど保健室や相談室に登校してくる生徒です。不登校の傾向がある生徒(教室には行っているが休みがちな生徒など)を含めると3,4人になったりもします。

学年にではなく、クラスにです。

こんなに多いなんて・・・初めて知ったときには驚きを隠せませんでした。

そして、不登校と聞くと「いじめ」というイメージが私の中にはあったのですが、いじめが原因のケースだけではないことにも驚きました。

 

原因はさほど大事ではなかった・・・

不登校の子供たちと実際にかかわっていく中で気づいたことは、原因はきっかけにすぎないということでした。

例えばですけど、きっかけは友達とのトラブルだったけど、そこから何日か休んだ間に勉強も分からなくなり、人の目が気になるようになり、学校へ行けないことへの罪悪感から精神的に体調が悪くなったりと、たくさんの要因が積み重なっていることが多いんです。

 

いじめ以外で、一つのことが原因で不登校になっているということはほとんどなかったので、「原因が分からないんです・・・」と落ち込まないでくださいね。

 

※酷いいじめで不登校になった場合や明確な理由、原因がある場合はまた違ってきます。

 

きっかけになった原因を探るよりも目の前の困難を一つずつ解決していくことが大事

もう、最初のきっかけが分かったところでどうにもならないことがほとんどです。

それよりも、今現在のお子さんの状況をよく観察して理解して認めてあげた方がいいかもしれません。

そうすると、今のお子さんの悩みや今現在困難なことが色々と出てくると思うんですよね。

それを一つ一つゆっくりと、ほんとにゆっくりと解決していけるように動いてあげることが大事だと思います。

 

私の失敗談ですが、一歩進めたから次の一歩を・・・って考えちゃうとだいたい振り出しに戻りました。

一歩進んで5歩下がって休憩をはさむ!と言うくらいゆっくりゆっくりのペースで考えてあげると子供たちも前に進みやすいようでした。

 

例えば、

完全に家に引きこもっていてゲームやPCばかりして昼夜逆転しているお子さんがいるとします。

ゲームやPCを取り上げたほうがいいのかな・・・昼夜逆転を戻すためにも朝早く起こさないとって思うかもしれませんよね。

それよりももっと深く状況を読み取る必要があるんです。

昼夜逆転しているのはもしかしたら、パパやママや兄弟と顔を合わせたくないからかもしれない、それならどうしてそうなったのか?関係が悪いならそこの修復から始めないといけないかもしれません。

同時に夜しか起きれないならその状態に合わせて何かできることを探してあげる必要もあります。

もしかしたらパソコンの向こう側で繋がっている相手が同じように昼夜逆転しているからかもしれません。

もしかしたら朝になると精神的に体調が悪くなってしまうからかもしれません。

その子によって違うのでそこを見つけて行く必要があるんです。

 

 

でもこういうことをママが全部一人で考える!ってことは難しいし負担が大きすぎるんですよ。

分からないことだってあると思います。

だから一人で悩まないで、周りの人に話を聞いてもらったり相談したりして欲しいなって思うんです。

 

ちなみに、PCやゲーム、その他の依存している物でも、これを取り上げて良くなった例はほとんど聞きません。

お子さんにとって今はそれが唯一の心の安定剤だったりしていることが多いので、取り上げることで状況が悪化してしまうことの方が多かったです。

スポンサーリンク

 

子供の不登校のことで相談できる場所や相談機関

学校で相談するなら

・担任の先生

・保健室の先生

・スクールカウンセラー

・スクールソーシャルワーカー

 

学校以外で相談できる場所

・教育センターや教育相談所

・不登校支援センター

・ひきこもり地域支援センター

・心療内科や小児科の医師

・フリースクール、適応指導教室

24時間子供SOSダイヤル

・インターネット人権相談受付窓」

・インターネット人権相談受付窓口(24時間受付)

・地域若者サポートステーション事業

・児童相談所

・精神保健福祉センター

・いのちの電話(一般社団法人日本いのちの電話連盟)

・塾や家庭教師の先生

 

意外と相談できる場所って沢山あるんですよ。

きっとママにもお子さんにも合う人や相談機関はあると思うんです。

話すだけで、聞いてもらうだけで気持ちが少し楽になるってこともあるかもしれませんよ。

 

ただ注意して欲しいのが、こういった場所に相談していることをお子さんが嫌がる場合もあります

不登校の子供たちは周りの人に知られたくないと思っているお子さんも多くいます。

自分のことを相談されることに対してすごく抵抗があって、ママに対して不信感を持ってしまうこともあるんです。

その時には悟られないように、外出した時などにでもこっそりとお願いします。

 

おわりに

お子さんもですがママだってとても辛いと思います、なのでどうか一人で思い悩まずに他の人に頼って欲しい、相談して欲しいなって事をママには一番に伝えたいんです。

相談できるところはたくさんあります、それを知って欲しかったんです。

だって一人で悩むには辛すぎますもん・・・。

そしてその方が、結果的にちょっとずつでも前に進めることが多いような気がします。

 

きっとね、これを読んでるママはお子さんのことが大好きで大切でどうにかしてあげたいって本気で考えてくれてる思ってるママだと思うんです。

世の中にはそんなママばかりじゃないので、それだけでもあなたのお子さんはとても幸せです。

そして、きっとママの思いも伝わってお子さんもいつか前に進めると思いますよ。

 

きりん

1日でも早くお子さんが心のエネルギーを充電して一歩前に進むことが出来るように、私もココから祈ってます。

ママも無理はしないでくださいね、応援しています。

 

 

おすすめ記事

1

今使っている洗濯機は、結婚前に主人が使っていたものです。 主人は洗たく槽クリーナーなんて使ったことなかったから、私は慌てて塩素系の洗たく槽クリーナーで定期的に掃除を始めたんですよ。 結婚してからは定期 ...

お嬢様ジュエル 2

試してみたので実践記録として体重も公開しています。   1カ月酵素ドリンクを飲んでいました。 「ベルタ酵素で産後ダイエット成功!体重の変化(写真有)と効果が出たポイントを紹介」に書いていると ...

ソニー生命の学資保険の無料相談レビュー 3

もうすぐ子供が生まれるので、学資保険について検討を始めました。 色々な保険を扱っている代理店とソニー生命の学資保険の無料相談に申し込んでみたのですが、ソニー生命の学資保険無料相談が想像以上に良かったで ...

4

親子教室BabyParkの無料体験に2日間行って来ました。 近くにあるからどんなところなのか気にはなっていたんです。 というのも、結婚してすぐにベビーパークの求人に応募しようとしたことがあるんですよね ...

5

なんだかんだで先延ばしになっていたトイレトレーニングですが、たまたま届いたこどもちゃれんじの体験DVDの中にトイレトレーニングの内容があり息子が興味津々だったので頼むことにしました。 こどもちゃれんじ ...

-ママ向け

Copyright© 元保育士ののんびり子育てブログ , 2018 All Rights Reserved.